純チタンの丸棒なのに、なぜミルシート(母材)は板材(フープ)??
西村金属はチタン加工20年の実績と独創的なモノづくりでお客様の問題・課題を解決します!!チタン加工の西村金属へ寄せられるお問い合わせ事例集です

よくあるご質問Q&A

純チタンの丸棒なのに、なぜミルシート(母材)は板材(フープ)??

詳細============================================
純チタンのφ5.0の丸棒を入手したのですが、ミルシートを入手してみると
板フープ材(JIS H 4600:チタン及びチタン合金-板及び条)のミルシートが届きました。
客先からJISH4670の指定で受注しているので困っています。
==================================================

はい、お答えします。

その丸棒は確かに、
母材が板及び条(フープ材)から作られているものだと思われます。
実際に板(フープ材)をスリットして丸棒にするという製造工程で作られたチタンの丸棒は
結構流通しております。特にφ8.0以下のものは多くあります。

一般的に流通しているチタン丸棒の材料の多くは
JIS規格はJISH4650(チタン及びチタン合金-棒)もしくは
JISH4670(チタン及びチタン合金-線)だと思われますが
客先からJIS番号の指定がある場合は、素材の手配時から注意が必要です。

これはチタンに関わらずスレンテス等でも同じかと思いますが
お客様からJIS番号でチタン材料の指定がある場合は必ず、
材料発注時にJIS番号を記載して発注することをお勧めします。

例えば
純チタン2種(JISH4670) φ5.0x2000 

全国のメーカー様、研究機関様、大学の皆様、担当坪内、山岸までお気軽にご相談下さい!

メールでのお問合わせはこちら FAXでのお問合わせの前にこちらをご覧ください 電話でのお問合わせの前にこちらをご覧ください
ご相談件数月100件以上、新規図面立ち上げ能力月20件以上
試作/量産品納入実績300社以上 日本のイノベーションを支えます!!

ISO14001
西村金属はISO9001を取得しています。
モノ作り中小企業受賞
情報か優良企業表彰2007 優秀企業賞受賞
エミダスホームページ大賞2005 編集長賞受賞
【おしゃれ老眼鏡通販】薄さ2mmの折りたたみ携帯老眼鏡「ペーパーグラス」
逆さコマ:SAKASA-KOMA 100% Titanium
製造業的復興支援プロジェクト
チタン加工のお悩み相談! メールでのお問合わせはこちら FAXでのお問合わせの前にこちらを御覧ください お電話でのお問合わせの前にこちらを御覧ください

営業日カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

営業日カレンダーをダウンロード(PDF)